« タイピング練習 | トップページ | プール »

2019年7月24日 (水)

登校しぶり(ママ)

不登校になるまでを振り返って書いていきたいと思います。

息子は幼稚園の頃から行きたくないと言っていました。途中で仲の良いお友達が出来てからは楽しく通えていましたが。

小学校に入学し緊張して過ごすこと1か月。ゴールデンウィークの頃、初めて欠席することになります。その後も学校に行く朝になると気持ち悪くなるようになりました。

2学期に入り、登校しぶりがいっそうひどくなりました。朝になると気持ちが悪くなり、時には頭痛、足痛、嘔吐など色々な技を出しますが、休み癖が付いてはいけないと思い、泣く息子を無理やり登校させてしまっていました。あまりにも辛そうな時は休ませましたが、欠席が決まると踊れるくらい体調が良くなるのでした。

学校の担任の先生との3者面談もしたり専門の病院にも行ったりしましたが、早退や欠席が増えていきました。また、夜中に悪夢を見て叫んだり、癇癪や親や物に対する暴力も増えたりしました。

2年生の頃は薬を飲んでいたためか、担任の先生に声掛けをお願いしたためか、休むことなく登校できました。

そして不登校になった3年生の2学期に入り、月曜日の欠席が続いた後、再び登校しぶりが激しくなりました。

そんなある日の朝、間違えて車に乗ってしまった息子をそのままチャンスとばかり学校に向かったのですが、学校に着いても車から降りません。保健の先生に助けを求めましたが降りず、担任の先生も来てくださいましたが降りることはありませんでした。次の日は保健室に来ようねと約束をして帰りました。そこから保健室登校が始まりました。

 

 

« タイピング練習 | トップページ | プール »

学校」カテゴリの記事

Amazon

  • Amazon
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ