« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月31日 (土)

小学5年2学期初放課後登校(ママ)

小学5年2学期になって初めて学校に行ってきました。

ベイブレードを持って行って担任の先生と学年主任の先生と戦ってきました。

この前の船の旅の話をしたり、保健室の先生とも話をしたので2時間近くいました。

エアコンの工事がまだ終わっていませんでした。

2019年8月30日 (金)

浜松科学館みらいーら(ママ)

この前リニューアルされた浜松科学館みらいーらに行ってきました。夏の特別展 「感覚の迷宮 世界は錯覚でできている」が終わるからです。

いろいろな科学館に行ったことがあるのですが、浜松科学館が他と違うところは、浜松にはものづくり企業があり、その企業のコーナーがあるところです。

ヤマハのボートシュミレーター、スズキのジムニー運転、ホンダの電力発電など他にもありました。

あとはプラネタリウムに先着一組ですが、ごろ寝席があって、靴を脱いで寝ながら鑑賞できます。空いていたので体験しました。床が斜めになっていて、じゅうたんなので痛かったのを除けばリラックスして見ることができました。あと、周りの人達に見られるのが、ちょっと恥ずかしかったです。

息子はもう一番組見たかったので、勇気を出して一人で見に行きました。まぁ、私のチケット代をケチったのもありますが。無事に一人で行くことができました。

 

 

2019年8月29日 (木)

学校にエアコン(ママ)

この夏休みに全クラスにエアコンが設置されました。

クラス数が多いのでエアコンの数もたくさんです。

でも室外機を設置するための足場がまだ残っていました。

今は業者さんが修理やらで忙しいので、冬休みに工事しなかったのが不思議です。

ちなみにここの冬はそんなに寒くならずエアコンは使わないと思うので、冬休みの工事でも全然問題ないです。

2019年8月28日 (水)

学校が嫌な理由(ママ)

中学の制服のチラシがポストに入っていて、それを見た息子が僕は行かないから関係ないと話すので、ついでに何気なく学校が嫌な理由を話しました。

子供が沢山いて嫌。

勉強すると疲れるから嫌。

話しかけられるのが嫌。

声がうるさくて嫌。

身体から出る電気?が嫌。(もはや意味が分かりません)

それなら授業中の保健室なら行けるじゃないかと聞いたら、学校が嫌なところだと思っちゃてるから学校自体が嫌だとのこと。

大勢の人がいる所は嫌だけれど、自分が行きたい場所とかイベントは嫌な感情以上に楽しいから行きたいのだそう。

でも先日、ずっと学校に行っていないから行きにくいと話していたのは何だったのか。

学校に行きたいのか、行きたくないのか、行けないのか。

2019年8月27日 (火)

小学5年2学期始業式(ママ)

明日から二学期が始まります。

そのためか分かりませんが息子が気持ち悪いと言っています。奥底では学校に行かなければと思っているのでしょうか。

私の方は一学期の成績表の保護者からの欄に何と書いていいのやら迷って書きました。

夏休みの宿題はドリルと絵日記(船の旅)は終えましたが、自由研究などのその他のものはやりませんでした。

二学期の放課後登校は何をやろうか考え中です。

 

 

2019年8月26日 (月)

バイクのふるさと浜松2019(ママ)

バイクのふるさと浜松2019に行ってきました。

浜松市産業展示館で毎年行われているイベントです。

子供はバイクの工作ができます。今年は2つ作りました。

1つはダンボールの本体に木のタイヤとモーターを付けて走るバイク、もう1つはプラスチックの本体を組み立てて色を塗ってプラモデルのように完成させるバイクです。

いつものように完成の理想が高い息子は思い通りにいかず怒りながら完成させました。

今年、面白かったのは金属メーカーさん出展のコマ回しでした。3回の挑戦で、大人は1分、子供は45秒、金属製のコマを回せたら、そのコマをもらえるというものです。息子はベイブレードが好きなおかげか1回でもらえました。私は30秒くらいだったのでダメでした。

それとバイクラジコンのレースも見てきました。息子が前から欲しいと言っているのですが、全部そろえると安くても5万円もするのでなかなか買えません。このバイクラジコンも面白くて、バイクに乗ってるライダーの重心移動で曲がる仕組みになっています。ライダーが左右にピョコピョコ動く様子を見ていると癒されます。

仮面ライダーショーも見て、1日楽しんで帰ってきました。

2019年8月25日 (日)

ヤマハデザイン教室とスズキ歴史館(ママ)


ヤマハ発動機のコミュニケーションプラザでデザイン教室が開催されました。

木で作られたオートバイにデザイナーさんが使用する本物のクレイ(粘土)をつかってオートバイの作成をしました。

この粘土は47度で保管されていて、温かいと柔らかく、常温になると固まるという性質があるので、ゆっくり作っていると固くなってきてしまい、また温めると柔らかくなる面白い粘土です。

木のオートバイを見た息子は粘土を付けずにこのまま持って帰りたいと言ったり、最後に発表するのが嫌だと言ったりしましたが、何とか作ることができました。

最初に誰とどこに行くオートバイか決めたのですが、息子は大人になった自分とで未来に行くというテーマにしました。

取り掛かりが悪いので、私が適当にオートバイの椅子みたく粘土を付けてからは調子が出てきて自分から粘土を付け始めました。

息子と未来の息子の人形も載せて完成しました。

帰る前に少しコミュニケーションプラザでオートバイシュミレーターや船のシュミレーターを体験して帰りました。

その後はスズキの歴史館で開催されている夏休みわくわくものづくりに行ってきました。

そこでも2つの工作をしてきました。

ジムニーのドライブシュミレーターを体験したり3Dシアターを見たり、他にも昔の車やオートバイが展示してあったりして時間が足りませんでした。

2019年8月24日 (土)

フィンランド教育(ママ)

フィンランドは学習到達度が世界でもトップです。どのような学習をしているのか気になって本を読みました。

高校に留学した方の本でしたが、テストはエッセイだそうです。国語や外国語ならエッセイというのも納得ですが、生物までもがエッセイだそうです。そのため、日本のテスト前の一夜漬けというものではなく、ひたすらに本を読んで知識を入れて、その知識と自分の意見をエッセイに書くそうです。

そして数学は計算機(普通の計算機ではなくx軸y軸を入力するとグラフまで表示されるスーパー計算機)を使ってもいいそうです。そのためフィンランドの人は簡単な暗算ですらできないそうですが、それでも問題なく生活できています。

生徒がプレゼンする授業もあり、しかもそこからテストに出ることもあるそうです。

一番違うと感じたのは塾がなくて、学校の授業を全員が真面目に受けているということです。留年も普通に存在していたり、高校卒業したら、数年働いたり留学したりしてから大学進学するそうです。

日本の学校は勉強と生活と両方ですが、フィンランドは学校が勉強の場のみとして存在しています。

エッセイを書くというのはホームスクールでも活用できそうです。問題は息子が字を書くのが嫌いということです。

2019年8月23日 (金)

HSCひといちばい敏感な子(ママ)

HSC(ハイリーセンシティブチャイルド)ひといちばい敏感な子という言葉に出会ってから、本を読んで調べています。信じられませんが5人に1人がHSCだそうです。

不登校の子にもHSCが多いそうです。というよりHSCだと不登校になりやすいそうです。

発達障害との違いが分からないのですが、発達障害にしろHSCにしろ子供が暮らしやすい生活にするのが一番ではないかと思います。

 

2019年8月22日 (木)

浜松市博物館と浜松城(ママ)

昨日は静岡県の日で浜松市博物館と浜松城の入場が無料だったので行ってきました。

浜松市博物館では化石掘りがあって400円で2つの化石を掘ることができます。出てきた化石はアンモナイトとサメの歯でした。

本当は三葉虫が欲しくて、少し癇癪を起こしたのですが、ちょうど隣にいた女の子が三葉虫を掘って気持ち悪いと言っていたのでサメの歯と交換してもらいました。

浜松城ではいつものようにお土産屋に長くいて、なかなか帰りませんでした。

 

2019年8月21日 (水)

ブローチとコースター作り(ママ)

信用金庫のイベントでブローチとコースター作りに息子が行ってきました。

息子は先日の木目込み人形もそうですが、手芸にも興味があって、私の裁縫セットにも興味津々です。

おみちゃも男の子女の子に関係なく好きなので素晴らしいことだと思っています。

ブローチは平らな紐をボンドで留めるだけで、コースターは周りを引き裂くだけで出来るので簡単に完成しました。

ここの信用金庫は夏に周辺のお店と一緒にスタンプラリーをしたりと子供が楽しめるイベントが開催されます。その時でないと入らないお店があって親も楽しめます。スタンプラリーは小学生以下のため来年で終了です。

2019年8月20日 (火)

ドラゴンフルーツ(ママ)

近くにドラッグストアが開店して、しばらく経ったので行ってきました。

今のドラッグストアは肉や野菜や惣菜などもあってスーパーと遜色ありませんでした。

そこで見切り品の1個100円になったドラゴンフルーツを見つけたので買ってみました。

前から気になっていたので楽しみに食べたのですが、美味しくもなく不味くもなく、特に味がしないという驚きの感想でした。

味はちょっとイチジクみたいな味でした。皮も手で簡単に剥くことができて、皮の内側も白くてイチジクに似ていました。キウイフルーツみたいな小さな種が沢山あるので食感はキウイフルーツでした。

調べてみたら、輸入のドラゴンフルーツは完熟する前に収穫するので甘くないそうです。残念。

2019年8月19日 (月)

木目込み人形(ママ)

不登校になってから習い事に行こうと探していた時に、息子がやりたいと言って3か月間通ったのが木目込み人形です。

丁度その頃、1日体験で干支のいのししを作ったのがきっかけですが、幸せふくろうを作ったことがありました。

そして今回は来年の干支であり息子の干支である、ねずみの木目込み人形を作りに行ってきました。

木目込み人形とは木の人形に筋を入れ、その筋に布を押し込んで作る人形です。

ちょうどの大きさに布を切らないといけないし、布にしわが寄ったりして、なかなかコツが必要です。

てのひらの半分のサイズですが2時間近くかかりました。かわいいねずみができました。来年も楽しみにしています。

 

2019年8月18日 (日)

東京2020オリンピック聖火ランナーを体験してみよう!(ママ)

ショッピングモールのイベントで東京2020オリンピック聖火ランナーを体験してみよう!に行ってきました。

トーチを持って写真を撮るだけだと思っていたのですが(それだけでも十分ですが)動画ももらえました。

コカ・コーラのコマーシャルに出ている方々との合成動画ですが、私たちは綾瀬はるかさんでした。綾瀬はるかさんが火のついたトーチを持って私たちの所へ走ってきます。そして私たちが持っているトーチに火をもらって終了ですが、上手に合成されていました。最後に一人ずつトーチを持って写真を撮ることもできました。

トーチを持った瞬間、軽いと思いました。このトーチも本物ですが、本番はもっと重くなるそうです。(1.5kgくらい)

実際に使用された歴代のトーチも並べられていて、一足早くオリンピック気分に浸れました。

2019年8月17日 (土)

なわとび五重とび(ママ)

ショッピングモールのイベントでプロなわとびプレーヤーの生山ヒジキさんのなわとびを見てきました。

この方は計9個のギネス世界記録保持者で2年前の24時間テレビで24時間耐久縄跳びの新記録を樹立した方です。

二重とびを余裕で超す五重とびまで出来てしまう方です。何と後ろ五重とびまで出来てしまいました。

全ての技が速い上に、見たこともない技なので、スゴイの言葉以外は出てきません。縄もあまりの速さにヒュンヒュンと音が鳴っていました。

前に息子の長縄大会の見学に行った時に他の学年の若い男の先生が連続二重とびをやって、女子たちにキャーキャー言われていたのを思い出しました。

長縄大会といえば、息子が小学1年生の時に、朝から練習、20分休みも練習、昼休みも練習、体育の時間も練習で嫌だと言っていたのも思い出しました。

 

2019年8月16日 (金)

UFO博物館ならぬ宇宙科学博物館コスモアイル羽咋(ママ)

先日、石川県羽咋(はくい)市のUFO博物館に行って来ました。名前からして怪しい感じがして行く気がなかったのですが、実際行ってみたら宇宙科学博物館で、とてつもなく素晴らしい博物館でした。

一番の見どころは、ルナ24号月面着陸船(旧ソ連)です。何と実物のバックアップ機で世界にここにしかないそうです。

他にもヴォストーク帰還用宇宙カプセル(実際に宇宙から帰還した本物)が展示されていたり、ボイジャーに搭載された宇宙人へのメッセージレコードのデザイン原盤が展示されていたりと、どうしてここにこんなに貴重な展示が沢山あるのか不思議でした。

エレベーターでもブラックライトの演出があって楽しめます。

宇宙人サンダーくんが受付付近によく出没するので必見です。

宇宙好きな人も、そうでない人もわざわざ訪れる価値のある博物館でした。

ちなみにプラネタリウムを見ても大人800円小人400円とお手頃価格です。

レストランはありませんが、受付でレストランマップをもらえます。我が家はお昼またぎで一日楽しみました。

2019年8月15日 (木)

トイザらス(ママ)

トイザらスに行きました。

朝の10時から夜の6時まで。ずっとです。よくもまぁ飽きずにいられるものです。

欲しいおもちゃを買うかどうするか決められずに帰って来ました。結局、買う事にして、翌日また行って買ってきました。

1つはタングルというクネクネいじって気分爽快!という2年前にCCPから発売されたおもちゃです。ハンドスピナーみたいな暇つぶし的なものです。

もう1つはLG52ターゲットマスターミスファイヤーというトランスフォーマーレジェンズの変形ロボットのおもちゃです。これも昔の発売のため、なかなか売っていないものです。

爆丸下さいと言うと爆丸がもらえるキャンペーンをしていて、家の近くのおもちゃ屋さんは既に終了していたのですが、ここでは余っていたので貰えました。

レゴのコーナーでは体験会をやっていてイルカを作って貰ってきました。それが、イルカを作るのがめちゃくちゃ早くて、まるで息子が設計者かと思う勢いで出来上がっていました。

ボクシングのおもちゃの体験会もやっていてシールを貰いました。普通のボクシングのおもちゃはボタンをバンバン押すと人形がパンチをするイメージですが、これはセンサーが付いていて、まるで自分が戦っているかのように手を動かすと人形がパンチするものでした。

他にも息子が小さい時にはなかったおもちゃが沢山あって、時代は進化しているなと感じました。

 

2019年8月14日 (水)

ケプラー式望遠鏡と万華鏡作り(ママ)

先日、ケプラー式望遠鏡と万華鏡作りに行ってきました。

ケプラー式望遠鏡は何とUVレジンで作るのです。

万華鏡も普通の万華鏡と違って、光に向けて覗くとキラキラと美しく輝きます。

私が作ってないので詳細は息子がブログに書いてくれることを期待しますが、何とも不思議な工作が出来上がりました。

2019年8月13日 (火)

うちわ作り(ママ)

先日、うちわ作りに行ってきました。

まず、障子の紙をジャバラに折って、水彩絵の具で染めて、乾かします。この時、非常に破れやすいので注意が必要です。

うちわの骨組みに障子の糊を塗り、習字の紙を表裏貼った後に、先程乾かした障子の紙を表裏貼ります。

そして上部の丸いところにバイアステープの様に細い紙を貼ります。貼り始めと貼り終わりには剥がれないようにマスキングテープを貼ったら絵出来上がりです。

文章にすると、あっという間ですが、絵の具まみれになりながら、想像以上に難しかったです。

2019年8月12日 (月)

トランペット作り(ママ)

先日、ホースで作るトランペット工作に行ってきました。

マウスピースは本物を使い、円錐形の部分はクリアファイルみたいなものを使って、ホースにつなぐだけでトランペットが出来ます。

ヤマハの方が吹くと低音から高音まで何種類もの音を演奏することができます。本当にプロの演奏家のような美しい音色で感動しました。

私と息子が吹いても、音を出すのがやっとです。

2019年8月11日 (日)

ヤマハイノベーションロード(ママ)

ヤマハミュージアム イノベーションロードに行ってきました。

入り口では実物大のシロクマのぬいぐるみがお出迎えしてくれます。

中に入ると楽器エリアがあり、ここには全てのヤマハ製品が展示されているのかというくらい、様々な種類の楽器が展示されています。しかも手にとって演奏することもできます。購入前に試奏するのにぴったりです。

ミキサーの展示もかなり沢山あったので音響好きにはたまらない場所です。

もちろん歴代の楽器も展示されています。

私が行った時はちょうど創業者の山葉寅楠さんの特別コーナーがありました。残念ながら山葉さんのご子孫はヤマハにはいらっしゃらないとのことでした。

ちなみにここは予約制ですが見学無料で駅の真横にあり駐車場も完備されています。

敷地内の横断歩道はピアノの鍵盤になっていて、可愛かったです。

2019年8月10日 (土)

税務署と裁判所の見学(ママ)

先日、法人会のイベントに行ってきました。

一日ならぬ一瞬税務署長というタスキを掛けて税務署長の椅子に座って写真を撮りました。横の机には偽物の1億円の札束が2つあり、持ち上げました。1億円は10キロもあるそうです。去年の銀行のイベントでは金庫の中で警備員がいる横で本物の1億円の札束を触ったので感動は薄かったのですが、皆さん興奮していました。

裁判所では裁判官の黒い服を着て、裁判官の椅子に座って写真を撮りました。あの中に入れるなんて、なかなかない機会なのでラッキーでした。傍聴は子供でもできるので一度行ってみたいです。

震度7を体験できる車にも乗ったり、パトカー、白バイ、指揮官車にも乗りました。指揮官車とは警察を指揮する為に車の上に乗る所が付いていて、拡声器で声も出せる車です。

暑い中でしたが、いろいろな体験ができました。

2019年8月 9日 (金)

不登校は太る(ママ)

不登校になってから息子の運動量が大幅に減ったためか、どんどん太っていきます。

1ヶ月に1キロのペースで毎月みるみる大きくなっていきます。

既に腕の太さも、脚の太さも、ウエストまで越されました。

お腹の段々が恐ろしいことになっています。

去年の担任の先生はみんな不登校児は太るとおっしゃっていました。

運動をさせようとしてプールに連れて行っても、調子に乗って泳ぎすぎて疲れて二度と行かないと言われるし、キャッチボールをしに公園に行っても5分も経たないうちに癇癪をおこして帰ってきます。自転車や散歩に誘っても行きません。家にあるトランポリンも三日坊主にすらなりません。

元々、やせていたので、かろうじてギリギリ標準範囲ですが、いつまでこの増加が続くのでしょうか。

2019年8月 8日 (木)

五輪チケット セーリング(ママ)

五輪チケットの追加抽選の申し込みが開始されたようですが、我が家は一次抽選でセーリングが当選しました。

何でもいいからオリンピック観戦したいねということで、あまり調べずに期限ギリギリで申し込んだので当選後にセーリングについて調べました。

どうやら沖で試合をするので、見えないみたいです。どのように観戦するのか謎ですが、セーリングはメダル候補らしいので楽しみです。

2019年8月 7日 (水)

子供会の旗振り(ママ)

登校時に子供会の当番で旗振りが回ってきます。回数にして年に5回程度です。

しかし息子は不登校。登校していないのに旗を振らなければいけません。

思い切って子供会をやめました。もちろん旗振り当番も回ってきません。旗を振りながら息子は登校していないのにと思う事もありません。子供会のイベントに行けばいいのにと思わなくてすみます。

来年は6年生。集団登校の班長もあります。町内のお祭りでお店を出さないといけません。廃品回収の当番のもあります。息子の心配もなくなりました。

子供会をやめる時に何か言われるのかと思っていましたが、そんな事は全然ありませんでした。他にもいらっしゃるのでしょうか。我が家の変な噂があるのでしょうか。怖くて聞けません。いずれにせよ子供会のストレスはなくなりました。

2019年8月 6日 (火)

勉強をしない(ママ)

ホームスクールをしていて悩みはダラダラして勉強をしない事だと思います。

私もそうでした。しかし、悟りました。いや、諦めました。

やる気のない人にやれやれ言ってもやりません。やったとしても嫌々なので覚えません。そのせいでお互いイライラして時間の無駄です。

時が来れば、必要性を感じれば、やるに違いないと思い始めました。そして勉強をするのをやめました。本当に楽になりました。

通信教育もやっていたのですが、やっていない教材を見ると腹が立つので、退会しました。スッキリしました。

学校のテストも長期休みの宿題もやらなくても、まぁいいやと思うようになりました。そもそも不登校なのでやらなくても先生に怒られません。

しかし今は祖父母の家で毎日、時間になると自分から勉強をしています。8か月以上も続いています。立派なものです。

2019年8月 5日 (月)

祖父母の反応(ママ)

不登校になった時の私の両親(息子の祖父母)の反応について。

車で10分の距離なので、すぐに来ました。そしてお払いに行くぞと言って、そのまま神社に行きました。お守りも購入しましたが、学校には行けず。

祖父は何としてでも学校に行けという考えでした。そのため、祖母には話していましたが、ホームスクールに決めた時には言えませんでした。

ホームスクールに限界が来た時に、実家で預かってもらおうと思ったときは断られる覚悟で打ち明けました。5か月間も学校に行っていないという事実があった為か、反対されることなく許可が出ました。でも平日の昼間いる代わりに泊まるのはダメになってしまったので、土日も長期休暇も泊まりに行けなくなりました。今年は私に夏休みはありません。

2019年8月 4日 (日)

学校が嫌な理由(ママ)

小学4年の2学期に突然、学校に行かなくなった時に息子に聞いた学校が嫌な理由です。

  • 授業中にあてられるのが嫌(いつあてられるのかドキドキしてしまう)
  • 掃除を仕切るクラスメイトが嫌(毎日、掃除の仕方の指示が違う)
  • 授業中に答えられないと居残りさせる先生が嫌(息子は居残る事はないのですが、見るだけで嫌だそうです)
  • ノートに字を書くのが嫌
  • 書道の書初めの筆が嫌
  • 綺麗に書かないといけないのが嫌
  • 給食当番で遅くなって早く食べないといけないのが嫌
  • 授業中、私語をすると立たされるのが嫌
  • 一分間スピーチが嫌(結局やらず終い)
  • 授業が簡単でつまらない
  • 特別日課はお昼休みが短くて嫌
  • 授業中、立って歩く人やしゃべる人がいるのが嫌(クラスが荒れていたそうです)

等々、たくさんあります。集団生活は我慢の連続です。

2019年8月 3日 (土)

はままつ少年の船 帰宅(ママ)

はままつ少年の船の二泊三日の旅から帰ってきました。

お友達やリーダーとも話をすることができ、ベタな枕投げもやって、楽しめたようです。

目的の鳥島には置いてけぼりのアホウドリはいなかったそうです。名前がアホウでもしっかりしています。

一番良かったのは星空観察とのこと。プラネタリウムのように見えたそうです。天の川も見えたと感動していました。

念願のギネスにもチャレンジして本物のギネス証明書も見ることができました。

沢山のお友達との写真交換もできて大満足のようでした。

学校から帰ってきても学校の話は一切しなかった息子が船のおしゃべりは止まりませんでした。

お土産はにっぽん丸の2000分の1のオブジェとにっぽん丸チョコレートです。

そうそう、あんなに大きな船が揺れたそうです。船にプールがあるのですがプールの水がプールサイドにバシャーンバシャーンだそうです。立っていると、よろけて壁にぶつかりそうになる勢いだそうです。車酔いしたことのない息子が船酔いか睡眠不足か低血糖か分かりませんが気持ちが悪くなったそうです。

最後に。船から帰ってきてから私にありがとうと言う回数と思いやりが増えました。船の中でもお友達のことを気遣うことができたんだなと感心しました。この心をしばらくは忘れないように私にも優しく接してもらいたいものです。

 

2019年8月 2日 (金)

校門タッチ(ママ)

理由は忘れてしまいましたが、学校に行ったらポイントがもらえて、そのポイントで本を買える制度を作りました。(小学4年の1月)

そうしたら、意外にも息子がのってきて校門タッチやってみるということで、放課後に2人で学校に行きました。

ひとまず、車のまま駐車場に入ることに成功。車から降りて裏門にタッチに成功。そのまま学校内を突っ切って正門タッチに成功。靴箱に寄って靴を入れてみることにも成功。初日からポイントが沢山たまったので喜んでいました。

調子に乗って次の日も放課後に学校に行きました。一人で成功できたらプラスポイントなので駐車場から一人で水のタンクまで行って帰ってきました。

3日目。誘ってみましたら、電池切れで行く事は出来ず。次の週も誘ってみましたが、やはり行く事はできず。そのままポイントは忘れ去られていきました。

しかし3月の離任式には放課後に担任の先生に挨拶に行く事は出来ました。

その後は小学校の体育館で行われる4月の選挙に一緒に行く事は出来ました。

 

2019年8月 1日 (木)

2019はままつ少年の船 お見送り(ママ)

お見送り浜松青年会議所主催のはままつ少年の船に昨日から息子は参加しています。

豪華客船にっぽん丸で2泊3日の船の旅です。今年の目的地は鳥島です。鳥島は島全体が天然記念物に指定されておりアホウドリの生息地です。息子はアホウドリ好きなのでやっと私の元から離れて参加することになりました。いつものように前日から行きたくない病が始まり、当日の朝も行きたくない+癇癪でした。独り立ちの第一歩となるよう願うばかりです。

しかしアホウドリは夏は鳥島に生息していないので見ることはできませんが、アホウの中のアホウが残っていれば見られるかもしれないと期待しています。

私と主人は清水港にお見送りに行ってきました。車に乗った時には外気温が40度になる程の暑さだったのですが、私たちが清水港に着く少し前から曇り始め、ちょうど良い天気になりました。

にっぽん丸のデッキから450人の子供たちとスタッフの皆さんがテープ投げをしました。息子が投げた黄色とオレンジ色のテープを無事キャッチできました。デッキの上から子供たちが家族を見付けると手を振っていました。その中でも息子が1番手を振り続けていて、楽しく笑っていたのでホッとして帰ってきました。

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

Amazon

  • Amazon
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ