« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

息子は祖父母の家に残るのか?(ママ)

冬休みに主人の実家に息子を連れて行ってそのまま置いていくという作戦を決行しました。

果たして一緒に帰ると言うのか、それとも一人で残りと言うのかお楽しみです。

ちなみに私の予想は一緒に帰って来るです。

2019年12月30日 (月)

ロール白菜(ママ)

先日、初めて行った外食先でロール白菜を頂きました。ロールキャベツは有名ですが、あまり好きではないので作らないのですが、ロール白菜は美味しかったので、家でも作ってみました。

白菜をレンジにかけてもなかなか柔らかくならなかったので、茹でた手間はありましたが、コンソメ味で美味しく出来ました。我が家のレパートリーに入りそうです。

外食先は数軒の決まったお店にばかり行っているので、たまには違うお店に外食に行かなければと思いました。

2019年12月29日 (日)

1年で170冊(ママ)

  • 息子が今年、図書館で借りた本は170冊でした。

工作の本や図鑑系が多いので読書をしているというよりは眺めている感じですが、思ったより借りていました。

息子が好きな本は小学生定番のかいけつゾロリシリーズや空想科学読本シリーズ(柳田理科雄)やコナンの小説版です。

最近は読むスピードが私と同じくらいになってきました。いや、それ以上かもと時々思います。

本もテレビもパソコンも目が近いのでどんどん近視が進みます。

2019年12月28日 (土)

ラクマ(ママ)

一年程前にインターネットのフリーマーケットのラクマを始めました。

捨てるにはもったいなくて取っておいた私にとっての不用品が結構売れます。何と1年で3万円以上になりました。

出品する手間があるので気分がのった日に一気に出品していますが、私の楽しみになっています。

ちなみに息子が出品すれば息子のお金になります。でも、出品するコメント欄に何て書いたらいいのっ!と、イラつきながらやるので、つい私が出品してしまいます。

 

2019年12月27日 (金)

クリスマスプレゼント(ママ)

サンタクロースはいないと気づいた息子。クリスマスツリーを飾る元気がない母親。ということで、クリスマスプレゼントは現金になりました。

幼児の頃にアメリカで育った息子はクリスマスツリーの下にサンタクロースがプレゼントを置いていくと思っています。そこで、もしサンタクロースが来てもクリスマスツリーがないからプレゼント置けないねと話したところ、クリスマスイブに息子は紙にクリスマスツリーの絵を書いて壁に貼り付けて寝ました。可哀想なのでその下に封筒に入れたお金を置いておきました。

クリスマスの日に意味もなく、そのクリスマスツリーの絵の下にダンボール箱を置いておいたら、息子がプレゼントだと思って中を見ていました。そして主人も中を見ていました。2人に可哀想なことをしてしまいました。

2019年12月26日 (木)

誕生会(ママ)

いつもは実家で祖父母と一緒に息子の誕生会をやっていたのですが、今年は祖母があまり乗り気ではなかったので、我が家だけで行ないました。

ケーキはスポンジとクリームとイチゴを買ってきて、息子がデコレーションしました。最初はお店のがいいと言っていた息子ですが自分で作ったので美味しく食べていました。

ファミレスのココスで誕生日だと伝えるとケーキとハンドタオルが頂けます。昨年までは息子の大好きなドラえもんだったのですが、今年からはラスカルになっていました。それはそれで喜んでいました。

2019年12月25日 (水)

ほめくり、修造!(ママ)

日めくりカレンダーで有名な、まいにち修造のほめくり版を購入しました。

絶対にみんなの目に入るトイレに飾りました。

家族全員、修造さんにパワーをもらって元気に生活したいです。

 

2019年12月24日 (火)

2学期の成績表(ママ)

2学期の成績表を受け取りに私1人で学校に行ってきました。

新体力テストをやったので体育の成績が付きました。ミシンをやったので家庭科の成績も付きました。

放課後登校だけで出席日数の3分の1は出席したことになっています。週一くらいのペースだったと思いましたが、かなり頑張って登校していたのですね。

3学期も餅つきや音楽鑑賞など楽しいイベントがあるのに行く気配がしないので残念です。

2019年12月23日 (月)

お餅つきに行った(ママ)

お友達の家のお餅つきに行ってきました。

杵と臼で本格的についてきました。イチゴ大福まで作りました。

息子もいろいろな人と触れ合う事ができていい経験になりました。

2019年12月22日 (日)

発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記(ママ)

発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記  アンダンテ

本の中の息子さんが毎年先生に言われる「やればできるのに」のやればが難しい。というのが、全くその通りだと思いました。

我が家の息子もなかなかやりません。興味がないのか、親の誘導が下手なのかやりませんが。やりさえすれば苦労はしません。

2019年12月21日 (土)

大丈夫ではない(ママ)

今週、学校の面談に行ってきました。

担任の先生と学年主任の先生との三者面談です。

最近の様子を話したら、お母さん大丈夫ですか?と聞かれたので、大丈夫ではないですと答えてしまいました。

でも、息子と約束しました。私が怒りそうになったら、息子から離れるから追いかけてこないでということと、怒っているときに話すと2人でどんどん興奮してしまうから、話さないようにするけど、無視しているわけではないので、怒りがおさまるまで待っていてということです。しばらく、これで様子見です。

2019年12月20日 (金)

めまい(ママ)

一昨日の夜にベッドに入ったらめまいがし始めました。前によくめまいがしていたので、気にする事なく寝たのですが、昨日起きたらまだめまいが続いていました。しかも吐き気もセットです。

息子を実家に送って行くのは危ないので母に迎えに来てもらいました。みんなでわーわー言いながら朝の支度をしていたら、気分が少し良くなってきました。やはり病は気からです。

でもその後も夕方まで気持ち悪いのは続きました。

めまいは精神的な事から起こる事が多いので、静かに落ち着いて暮らしたいです。

2019年12月19日 (木)

羽生さんの言葉(ママ)


ネットで将棋の羽生さんの言葉を知りました。私は息子に人生の大きな目標を言っているから、目の前の事に向き合わないのではないかと反省しました。

以下、羽生さんの言葉です。

2年前に引退なさった加藤一二三先生は現役生活が67年でした。私はそれと比較するとやっと折り返し地点にたどり着いたくらい。その果てしない道の長さを感じることはありますが、あまり考えないようにしているんです。トライアスロンに挑もうとするときに、「これからマラソン40キロメートル、次は自転車100キロメートル」とか言われたら嫌じゃないですか。急にやる気がなくなっちゃいますから。だから、目の前の1キロメートルをがんばろうかな、とか。そういうふうに考えていかないと、ずっと長く続けていくのは難しいです。

わからないままだったからこの世界に飛び込めたという面はあるように思います。谷川浩司九段にあこがれて将棋の世界に入ったのですが、最初に抱いた夢とかあこがれと、実際に入ってからの景色は全然違いました。1段ずつ階段を上がっていかなければいけない険しさとか大変さを、何も知りませんでした。当時はインターネットもなく、どれくらい大変なのか、どんな努力が必要なのか情報がなかったからです。今はいろいろ調べられる時代ですが、競争が大変そうだとか10年くらいかかるらしいなんてことを先に知ってしまうと、前に踏み出せないということはあるのではないかなと思いますね。若い人の強みは、リスクがありそうでも、大胆な選択にみえても、可能性を信じて前に進んでいけることだと思っています。

2019年12月18日 (水)

私のご褒美(ママ)

息子がしばらく父方の祖父母の家に行ってもいいと言って分かった事があります。

息子が不登校になる前は、土日祝日や長期休みは私の実家に泊まったりしていました。癇癪を起こしても、土日に外泊させたり、もう少しで長期休みになるから自由になれると思うだけで頑張る気が出てきたし、外泊後は優しく接する事が出来たりしていたのです。それが不登校になり、平日の昼間に実家に行く代わりに泊まる事はなくなったのです。そして私の自由というご褒美もなくなったのです。平日の昼間は自由じゃないかと思われるかもしれませんが、1日まるまる自由になれると元気も復活するのです。

入院するというのは親と子を離すことによって、その後の関係性が良くなるのも目的ではないかと思いました。

2019年12月17日 (火)

不登校になって本当に大切にするべき親子の習慣(ママ)

不登校になって本当に大切にするべき親子の習慣 菜花俊

今まで沢山の不登校に関する本を読みましたが、しっくりきました。

すぐやる9(ナイン)です。今の私に必要な事です。

  1. ほめて、ほめて、ほめまくろう
  2. イエスマンになろう
  3. 自分が楽しいことをしよう
  4. どんどん怒る。そして謝る
  5. どんどん泣こう
  6. たまにはウソつきでいい
  7. 失敗談を話そう
  8. 毎日をお祝いにしよう
  9. 縁を切ろう

2019年12月16日 (月)

祖父母の家に預ける(ママ)

父方の祖父母の家にしばらく暮らせば気分転換になっていいのにと前から考えていました。

入院の話も出たので再度、息子に打診をしました。すると話を上手く持って行ったせいか、意外とその気になりました。

冬休みに行って、嫌になったら迎えに行く予定ですが、果たして祖父母は許可してくれるのでしょうか。そこが問題です。

あとは息子の気が変わらないように祈るのみです。

2019年12月15日 (日)

友達と遊べず(ママ)

不登校になった友達と遊ぶ予定でしたが昼寝をしていて遊びに来てもらえませんでした。息子はとても残念がっていました。

でも、そのお友達は最近は調子が良い日は学校に行っているそうです。

どうして再登校できるようになったのか気になります。

息子も登校すればいいのに。適応指導教室は楽しかったのに。と思ってしまいます。

2019年12月14日 (土)

不登校で入院(ママ)

息子が通っている病院で入院を勧められました。今すぐにではないですが。

期間は3ヶ月。週末は自宅に帰ってきて、平日は病院の近くにある学校に通うのです。目的は家族以外の人と接する事と、接する事によって学校に行ってみようかなと思わせる事です。

そもそも不登校は病気なのでしょうか?たかだか150年前にできた教育制度です。世界基準で見れば学校に行っていない事は珍しくありません。まぁ、自分の周りの常識が正しいとするならば仕方ないのですが、今の日本に産まれただけで入院とは。

もちろん息子は嫌がっています。私は息子が嫌がらなかったら、なかなか出来ない体験なので選択肢としてありです。主人も同じ考えです。ただ息子が嫌がっているので、逆に入院がマイナスになる可能性を考えてしまいます。それと帰ってきた週末に家で癇癪を起こしたり、また病院に戻るのを嫌がるのが目に見えているので、違う方法を模索中です。

 

2019年12月13日 (金)

教育格差(ママ)

教育格差 松岡亮二

衝撃であり、想像通りであり、納得する内容でした。

生まれも大事ですが環境も大事です。不登校になった子はデータ外でしょうかねぇ。

2019年12月12日 (木)

本当の頭のよさってなんだろう?(ママ)

本当の頭のよさってなんだろう? 齋藤孝

中学生向きに書かれた本です。

学校に行く意味ってなに?の章を、寝る前にやる事がないと嘆いていた息子にも読ませました。

この章に限らず、子供は読んでおいた方がいいのではと思いました。私が息子に言いたいことの全てが書かれていました。

2019年12月11日 (水)

プラモデル(ママ)

プラモデル好きの息子がプラモデル屋さんに行ったら、ちょうど改装セールをやっていました。

喜んで買ってきました。小さいロボットが2体作れるのですが、1体でも結構な時間かかりました。

どんどん作ればいいのですが、お金がかかるのと、置き場が欲しくなるのとで悩みます。

 

 

2019年12月10日 (火)

メディア漬け(ママ)

息子はテレビが大好きです。

最近はYouTubeを覚えたのでYouTube漬けです。

何を見ているのかというと、ユーチューバーがゲームをしているのをひたすら見ているだけです。

私には何が面白いのか理解できません。せめてオンラインで繋がって一緒にゲームをするなら分かるのですが。

それか英語のYouTubeでも見ればいいのにと思ってしまいます。

2019年12月 9日 (月)

言ってはいけない(ママ)

ベストセラー 言ってはいけない 橘玲

の続編 もっと言ってはいけない を読みました。

日本人はひ弱なランだというところに感銘を受けました。それは自分に適した環境に恵まれさえすれば、敏感な日本人は鈍感な人より人よりはるかに大きな喜びを手にすることができるという事です。

息子にも適したものを探して10年です。いつ出会うやら。

2019年12月 8日 (日)

1kg1万円(ママ)

息子の体重がついに私に追いつきました。

どうしたものかと考えた結果、お金で釣ることにしました。

体重を1kg減らしたら1万円をあげるという小学生には夢のような企画です。

早速、息子はやる気になったようです。

2019年12月 7日 (土)

学校の事は触れないで(ママ)

来週、担任の先生と学年主任の先生と三者面談をする事になったので、息子に何と話してくるか聞きました。

そうしたら以下の返事がありました。

僕はもう学校に行かないからね。僕が学校に行くって言うまでは学校の事は触れないで。先生が家に来るのもダメだからね。

ということなので、しばらくは学校からは遠ざかりそうです。

2019年12月 6日 (金)

風邪ひいた(ママ)

のどの痛みが2日続いた後、38.1度の発熱。私がです。

熱を測ると病人モードになってしまうので測らずにいたのですが、熱があったら夕食を作るのをやめて、お弁当を買って来ようと思い、何気に測ってみたら38.1度でした。私は食べたくなかったので、息子と祖母が買ってきた、ミスタードーナツのピカチュウのドーナツを食べました。

こんな時でも息子はお手伝いなど致しません。はぁ。

2019年12月 5日 (木)

結局、放課後登校に行かなかった(ママ)

家でドラえもんクイズを作るくらいなら、学校に行って作ると言っていたのですが、行く1時間前になって、行きたくないと言い出しました。なので、急遽、作らせて、それを持って私だけ行ってきました。

 

2019年12月 4日 (水)

私立中学(ママ)

息子のお友達が中学受験しようと思ったけど、通学に時間がかかるので諦めたという話を息子にしたところ、私立中学に興味を持ちました。進学説明会に誘ったら意外に行くとの返事が。調べたら残念なことに今年度は終わっていました。

でもまさか息子が興味を示すとは思いませんでした。ただ不登校で合格できるのかどうかが分かりません。定員割れしている中学だったら合格できるかもと思ったりしています。

まぁ、あと1年あるのでボチボチ調べてみようかなと思っています。

2019年12月 3日 (火)

トイレ強力クリーナーは本当に強力(ママ)

ふとトイレの前側のふち裏を見たら黄ばんでいました。ショックでした。拭いたけれど取れず。

そこで家にあったジョンソンアンドジョンソンのトイレ強力クリーナーを使いました。すると見事綺麗になりました。

この前のパイプユニッシュプロもそうですが、やはり洗剤に頼ると楽に掃除ができますね。それより日頃の掃除の大切さが身に染みました。

2019年12月 2日 (月)

お友達と遊んだ(ママ)

学区外の一学年上のお友達が遊びに来てくれました。

そのお友達の影響でデュエマというカードゲームを始めたのですが、その子は野球をしているので、なかなか遊べずにいたのです。お友達と遊びたいとあまり言わない息子ですが、このお友達の事は気に入っていて、いつ遊べるの?と何回も言われていたので待ちに待った日が来たのです。

そしてやっと一緒にデュエマが出来ました。二回対戦して、一回勝つ事が出来ました。惨敗だと思っていたので、まさかです。

その後はコンビニにデュエマのカードを買いに行くと言って、初めてのお友達とお買い物に行きました。結局そのコンビニには売ってなかったのですがいい体験をすることができました。

 

2019年12月 1日 (日)

放課後登校に再び行くかも(ママ)

息子が放課後登校に行かないと言っていると書いた先日のブログの続きです。

ドラえもんクイズを掲示板に貼って答えを書かないのはみんなに失礼だから、学校に行かなくても次号は書くように言っていました。しかし全然書く気配がありませんでした。

そこで書かないなら学校に行って書くように言ったら、じゃあ学校に行くとの返事が。それもこれからは週に一回行くと。意味が分かりません。

学校に行きたくない気持ちもそんなもんなのでしょうかね。とりあえず今度の火曜日の放課後に行ってきます。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

Amazon

  • Amazon
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ