« 不登校の居場所作り(ママ) | トップページ | 圧迫刺激(ママ) »

2020年2月 9日 (日)

スクールカウンセラー(ママ)

息子も一緒に行くと言っていたスクールカウンセラーとの面談ですが、行くのを泣いて嫌がったので、私一人で行ってきました。

ここの小学校のスクールカウンセラーさんは医師でもあります。そして通院している病院の先生ともお知り合いでした。(いつもは同じ医大の医師)

息子は皮膚感覚が敏感だから圧迫刺激がいいと教わりました。毛布で巻いてギューってしたり、重いものを上から乗せると落ち着くそうです。また、右手と左手を交互にギュッギュッとすると右脳と左脳に交互に刺激があっていいそうです。

あとは、抱き枕やぬいぐるみを抱く、スライムやスクイーズを揉む。狭い所もいいそうです。ゴールは自分でスクイーズを両手に持って交互にニギニギして落ち着く事です。

聴覚が敏感なところも少しあるので、心地良い音楽を流すといいそうです。

今までは癇癪を起こしたらどう対応すればいいとか、癇癪を起こす状況を避けようとかばかり考えていたけれど、癇癪を起こさないようにストレスを減らす努力をしていなかった事に気付かされました。

暴力を振るうのをやめましょうではなくて、イライラしたらこれをやりましょうというのを決めるといいそうです。やめましょうは難しく、何々やりましょうはやりやすいそうです。

 

 

« 不登校の居場所作り(ママ) | トップページ | 圧迫刺激(ママ) »

学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不登校の居場所作り(ママ) | トップページ | 圧迫刺激(ママ) »

Amazon

  • Amazon
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ