« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

ドラえもんを本気でつくる(ママ)

ドラえもんを本気でつくる 大澤正彦

息子の夢はドラえもんを作る事です。この本の著者も子供の頃からの夢だそうです。

息子の夢も一人では叶える事が出来ません。その為にも沢山の人と出会って欲しいです。

2020年5月30日 (土)

学校で先生には会えない(ママ)

週一で学校の駐車場まで行った時に先生(担任以外でも)と駐車場で会えないかなと言われた息子は嫌がっていました。

こんなに親しくなった先生とも会いたくないそうです。学校の駐車場に行くだけでも精一杯だそうです。

スクールカウンセラーの先生と会えたらいいなと思っていたのですが、まだまだ先になりそうです。

 

2020年5月29日 (金)

行きたくない(ママ)

不登校の人数が多いので、もっとゆるい適応指導教室のようなものを作りたいと思い息子に話してみました。

おもちゃがあって、勉強の時間もなくて、行きたい時だけ行く所を作ったら行くかどうか聞いたら、即答で、子供がいる所は行きたくないとの返事が。

一気に夢が消えました。

2020年5月28日 (木)

不登校数(ママ)

新聞に市内の不登校の人数が載っていました。小中学校合わせて息子の小学校の全校人数もいます。

この中には適応指導教室や保健室登校、校門タッチをしている子の人数は含まれているのでしょうか。実際はもっともっと多くの子たちが学校に行く事が出来ずにいるのではないでしょうか。

息子も含めてですが、この子たちの居場所を作れたらなんて思います。

2020年5月27日 (水)

休校中の宿題(ママ)

休校中に沢山の宿題が出て、息子は嫌がっていましたが、祖母と一緒に全て終わらせる事が出来ました。

何と、図工の絵まで描き上げました。素晴らしいです。

6月からは普通に学校が始まります。夏休みが短縮になりそうなので9月入学はなくなるかもしれません

2020年5月26日 (火)

子どもが学校に行きたくないと言ったら読む本(ママ)

子どもが学校に行きたくないと言ったら読む本 菅野純

登校しぶりの原因の多くは心の土台の問題だそうです。心の土台とは以下の3つから成り立っているそうです。

1:人間のよさ体験

2:心のエネルギー

 安心感、楽しい体験、認められる体験

3:社会的能力

  1. 自分の気持ちを伝える力
  2. 自分をコントロールする力
  3. 状況を正しく判断する力
  4. 問題を解決する力
  5. 人とうまくやっていく力
  6. 人を思いやる力

 

この本を読むと息子には社会的能力がなく、学校に行く方が不思議なくらいです。社会的能力をどうやって教えたらいいのか、難しいです。

 

2020年5月25日 (月)

学校のチャイム(ママ)

今朝も学校の駐車場まで行って来ました。

丁度8時だったので、キンコンカンコンとチャイムが鳴りました。久しぶりにチャイムを聞いた息子が、嫌そうにしていました。

おしゃべりしながら駐車場に何秒か駐まることが出来ました。

 

2020年5月24日 (日)

週一から(ママ)

学校の駐車場に行くのを嫌がるようになったので週一から始めて、慣れてきたら増やしていくことにしました。

スクールカウンセラーの先生に毎日行くのが当たり前と言われたし、駐車場に行くだけだからと思って、週三で行こうとしていました。最初から欲張ってしまいました。

2020年5月23日 (土)

不登校・ひきこもりの9割は治せる(ママ)

不登校・ひきこもりの9割は治せる  杉浦孝宣

  1. 規則正しい生活をする
  2. 自律して自信をつける
  3. 社会貢献をする

以上の3つのステップを順番を守って、時間をかけてていねいに踏んでいけば、不登校やひきこもりの子は9割以上の確率で治せるという本です。

身支度を整える。週一から外出をする。今後の通学先となる大人とコミュニケーションをとる。通学を週一から週五に増やす。

行事やイベントに参加し同世代と交流する。行事の企画運営、委員会などみんなの役に立つ仕事をする。進路について考え、そのための勉強をする。

最後に社会貢献やボランティアをして、自分が社会の役に立っている、人のためになっている、信頼されていると実感できると、自信がつき、視野が広がり、自分自身の目標が明確となって、将来へ向けて勉強や仕事に打ち込んでいけるようになる。

2020年5月22日 (金)

行きたくない(ママ)

朝、学校の駐車場に行きましたが、学校が近づいてきたら行きたくないと言い始めました。

ポイント制にしようかという話をしました。すぐに何ポイントにするか決められないので、家に帰ってから何ポイントにするか決めようと言ったら、少し癇癪を起こしました。

学校の駐車場に行っただけなのに、疲れてしまいました。

2020年5月21日 (木)

ハマるものを見付けたい(ママ)

息子にハマるものを見付けたいと言われました。

どうしたのか聞くと、このままではいけないと思うとの返事が。

良い方向に向いています。

ハマるものに出会う為に、色々な所へ行ったり、経験したりしようという事になりました。

2020年5月20日 (水)

学校の駐車場まで行く(ママ)

朝、実家に行く時に、学校に行くか聞いたら行くとの返事が。

学校の駐車場に7秒いました。行く事を嫌がらなかったのですが、7秒が限界のようでした。

徐々にいる時間を増やして、校舎にも入っていけるようになればいいのですが。

2020年5月19日 (火)

学校へ行かない理由(ママ)

アメリカに行けば気が変わって学校に行くようになるのかと思い、ちょっと調べてみました。

アメリカで学校に行かないと警察が介入して裁判所で、どうして学校に行かないのか聞かれるそうです。

息子にアメリカに行きたいか聞いたら行きたいと言ったので、息子ならどう答えるか、この話をしてみました。

すると、子供が嫌いだから、学校には子供がいるから、だから学校には行かない。との答え。

どうして子供が嫌いか聞いてみました。

変な事をやってくるし、うるさいし、子供を見ると学校を思い出すから。との返事。

どうしてそんなに子供が嫌いなのか考えてみました。大人と違って子供は思い通りにならないから嫌いなのではと思いました。学校生活も我慢が必要です。やはり我慢を覚えなくては。

2020年5月18日 (月)

我慢を覚えるには(ママ)

2歳の頃から我慢を覚えて欲しいと色々やってきました。

我慢を覚える為に嫌な事をやろう。習い事に行くでも何でもいいけど、今すぐに出来るのは学校の敷地に入る事だから、他の案が思い付くまで学校に行ってみよう。と息子に伝えたらやる気でした。

2020年5月17日 (日)

家庭訪問(ママ)

3週間ぶりの家庭訪問でした。

初めて先生とデュエマをやりました。三勝一敗で楽しくできました。

今年のクラブを選ぶ話になり、お茶とお菓子をいただけるかもしれないという理由で日本文化を選びました。そのくらいで学校に行くのなら毎日、用意しますよ。

他の不登校の子と一緒に遊びたいと伝えたので、遊べる子がいるといいです。

2020年5月16日 (土)

ポイント制(ママ)

スクールカウンセラーの先生にポイント制をやる上での大事なポイントをお聞きしました。

お金にするなら、小学6年生だったら週に100円くらい。ゲームソフトのような高価なものにしない。アイスとかガチャガチャとか。

長くて2週間くらいでもらえるようなもの。

ポイントをためてもらえると決めたものは、他の時にあげない。

一度あげたポイントは何があっても取り上げない。

一度始めたら、しばらく続ける。

 

2020年5月15日 (金)

スクールカウンセラーには会えず(ママ)

6年になって二回目のスクールカウンセラーとの面談でした。

息子は二回目は行くと言って、学校に近付く練習をしていたので、行くかなと思っていました。

行く直前の30分くらい「行きたくない...けど...」が続き、結局私一人で行ってきました。

そこでのお話です。

みんなが学校に行っているのに行けないのは病気かもしれないね。病気なら治さないといけないね。治すために入院しよう。入院と毎日学校に行くのとどっちがいい?

と聞いて、いわゆる校門タッチから初めて学校に入れるようにするのだそうです。嫌なことをやることで感情コントロールも出来るようになるそうです。

学校に行くのを目標にすると、あまりにもゴールが遠いのでやっている意味があるのか思ってしまいますが、家から出て一人暮らしをするためだと思えばやる気も出てきます。

2020年5月14日 (木)

読書感想(ママ)

学校の宿題の読書の欄を見てみました。

相対性理論 感想:だいたい知っていた

トコトンやさしい相対性理論の本 感想:トコトンやさしくない

一冊目は途中までしか読んでいないし、二冊目はコラムしか読んでいない。適当だ。まぁ、記入しただけ良しとしよう。

2020年5月13日 (水)

才能の正体(ママ)

才能の正体 坪田信貴

ビリギャルで有名な方の本です。

この本を読むと諦めずに頑張ろうという気持ちになります。

2020年5月12日 (火)

DSのソフトを買う(ママ)

500円の割引券を使いに買い物に行きました。

息子のプラモデルの色を買う予定でしたが、何やら他に欲しいものがある様子。

デュエマのカードでも買うのかと思ったら、DSのソフトから動きません。

480円プラス税のソフトを割引券を使って28円で買うつもりのようでした。

早くお店を出たいのですが、なかなか決まらないので私も一緒に探しました。

結局、ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2というソフトを買いました。

モンスターをゲットするという、ポケモンと同じゲームです。

2020年5月11日 (月)

プラモデル作り(ママ)

息子が2ヶ月前に買った車のプラモデルを作り始めました。

以前だったら色塗りが上手くいかないと癇癪を起こしていたのですが、今回は起こることもなく出来ました。

どんな感じで作るのか私には分かりませんが、まだ色を塗っただけなので完成には時間が掛かりそうです。

2020年5月10日 (日)

学校に行けたら苦労はしない(ママ)

休校で余った給食の材料を販売しているサイトを見ながら美味しそうだねと息子が言っていました。

それなら給食だけ食べに学校に行けばと言ってみました。

すると、そんなに簡単に学校に行けたら苦労はしないと言われました。

2020年5月 9日 (土)

学校の敷地内へ(ママ)

学校に近付く作戦の3回目です。

車で学校の駐車場に入る事が出来ました。

行く時は行きたくないと言っていましたが、それほど嫌がらずに行けました。

来週はスクールカウンセラーとの面談があります。行けるといいのですが。

2020年5月 8日 (金)

ゴールデンウィークのYouTube(ママ)

ゴールデンウィークも平日と同じくYouTubeを3時からという約束にしました。

1時過ぎからカウントダウンが始りました。

後2時間、後2時間と歌っていました。

 

2020年5月 7日 (木)

自転車で学校へ(ママ)

前回から日が経ちましたが、学校へ近付く作戦の2回目を実行しました。

今回は、サイクリングに行くついでに学校に近付いてみようという事になりました。

学校の南側の運動場沿いの道路を自転車で走る事が出来ました。

次回は車で学校を一周走ってみることになりました。

2020年5月 6日 (水)

昨日も公園へ(ママ)

一昨日に引き続き公園に行きました。

昨日も公園に誰もいなかったので、キャッチボールをした後に自転車にも乗りました。

約1時間半も遊べました。

 

2020年5月 5日 (火)

久しぶりの公園(ママ)

家の中にずっとこもっている息子を10分キャッチボールしようと公園に連れ出しました。

誰かがいると嫌と言うので昼時に行きました。

誰もいなく、20分キャッチボールをして帰って来ました。

帰ってきてから扇風機の風にあたって天国だと喜んでいました。

2020年5月 4日 (月)

音楽をかける(ママ)

ゲームやYouTube依存にならないようにするための方法をテレビで見ました。

ゲームやYouTube依存の子は耳からの刺激が欲しくてやっているのだそうです。

家の中にクラシック音楽を流しておけば、それが耳の刺激となって満足するそうです。

それも一理あるなと試してみたくなりました。

2020年5月 3日 (日)

この世の終わり(ママ)

いつもの様にYouTubeを見ようとしている息子にYouTube見るの?と声を掛けてみました。

すると息子に言われました。

YouTubeを見ないで本を読み出したらこの世の終わりだ。

 

2020年5月 2日 (土)

片付け(ママ)

息子は物を捨てないので、どんどん溜まる一方です。

そこで良い方法を使っています。

とりあえずいらない物をダンボールに詰め込みます。

息子が気付かないところに保管します。

あれどこにある?などと聞かれなければ、物の存在自体を忘れています。

しばらくしたら捨てます。

今週もその作戦で片付けました。

 

2020年5月 1日 (金)

息子の人生観(ママ)

心理テストで四字熟語を考えて最初に思った四字熟語がその人の人生観だそうです。

息子に聞いてみました。

自業自得でした。

納得です。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

Amazon

  • Amazon
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ