書籍・雑誌

2020年11月20日 (金)

日本人の9割が知らない遺伝の真実(ママ)

日本人の9割が知らない遺伝の真実 安藤寿康

知能や運動能力など、人の備える能力の半分は遺伝、残り半分は非共有環境によって形づくられている。どんな遺伝子を持って生まれてくるか、どんな環境に出会うかも、すべては「運」という内容の本です。

第5章 あるべき教育の姿

第6章の遺伝を受け入れた社会

上記の2章はホームスクールの参考になります。

教育とは白紙に絵をかきこむことではなく、もともと内在する資源をあぶりださせ、適切な方向付けをすることなのだという主張には目から鱗でした。その為に親が出来ることは子供に本物の体験をさせる事です。

 

2020年11月17日 (火)

ホームスクールのはじめ方(ママ)

学校に行かずに家庭で学ぶ ホームスクールのまなび方 佐々木貴広

保育園の途中から小学2年の10月までの約2年間ホームスクールをしていた体験本です。

今は学校に通っているそうですが、息子と似た性格をしています。

息子も最初からホームスクールをしていれば不登校にならずに済んだのではないかと思わされました。

2020年11月 1日 (日)

ムー(ママ)

ミステリーを扱ったムーという雑誌があります。

本屋さんの半額コーナーに置いてあり、息子が欲しがったので買ってみました。

想像通り本当かなという内容ですが、息子は信じて読んでいます。

次号も半額にならないかなと待っています。

2020年10月16日 (金)

ゲームのやりすぎを心配するとき(ママ)

たんなる熱中?それとも依存?ゲームのやりすぎを心配するとき

先日も書いたおそいはやいひくいたかいシリーズです。

ゲーム障害や病気についてのゲーム、不登校や引きこもりにとっての居場所や暇つぶしのゲーム、eスポーツや産業としてのゲームについて書かれています。

 

2020年10月 9日 (金)

発達障害 大人が変われば「薬」はいらない!?(ママ)

発達障害 大人が変われば「薬」はいらない!?

昨日の本と同じ、おそいはやいひくいたかいの本です。

子供の為ではなく大人の為に薬を飲んでいるのではないかとの文に、はっとしました。

 

 

2020年10月 8日 (木)

学校に行かない子との暮らし(ママ)

学校に行かない子との暮らし おそいはやいひくいたかい

年4回発行されている本です。毎回子育てに関するテーマが取り上げられています。

文字数が少ないので、すぐに読み終わります。

今回は不登校だったので読んでみました。

2020年10月 4日 (日)

将来の夢なんか、いま叶えろ。(ママ)

将来の夢なんか、いま叶えろ。 堀江貴文

息子は読んでいませんが、学校が嫌いな子や不登校の子が読めば勇気づけられると思います。

ゼロ高の事も書かれています。

 

2020年8月28日 (金)

週刊アイアンマン(ママ)

息子がアイアンマン好きで、週刊アイアンマンの創刊号が安かったので買いました。

全部集めると全高60cm、重量3.6kgという大きさになります。

値段が高いので、とりあえず創刊号のみですが、創刊号は顔部分なので、これだけでも十分です。

息子は一人で作って完成させました。

やはり息子は工作の才能があると思いました。

2020年7月15日 (水)

困った大人にしない子育て20の知恵(ママ)

困った大人にしない子育て20の知恵 星一郎

アドラー心理学による子育て本です。

このように育てる事が出来れば理想だなと思いました。

2020年6月25日 (木)

家族が変わるとき(ママ)

不登校・ニート・引きこもり 家族が変わるとき 森薫

質問に答えるカウンセリング形式の本です。

学校を休ませる、ホームスクールにするなど書いてありますが、その後の事が書かれていませんので残念でした。

より以前の記事一覧

Amazon

  • Amazon
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ