育児

2020年1月 3日 (金)

祖父母の家に残ったのか(ママ)

年末に主人の実家に息子を連れて行ってそのまま置いてくる作戦の結果です。

想像通り一緒に帰ってきました。そう上手くはいきません。

でも私の実家に従兄弟が泊まりに来るので、一緒に泊まる事になりました。

お互いおしゃべりなので、兄弟がいたら、こんなにうるさいのかと思いながら見ていました。

2020年1月 2日 (木)

マイクラ出来る様になったか(ママ)

息子がマイクラをやりたいと言ってパソコンかスイッチを欲しいと言ったので、冬休みに主人の実家に行った時におねだりしてみる事になりました。

その話を出す前に家に余ってるパソコン欲しいか?という話が祖父の方から出て、何の苦労もなくパソコンゲットすることになりました。

しかしデスクトップなので大きい。場所を作らなければならなくなりました。

2019年12月31日 (火)

息子は祖父母の家に残るのか?(ママ)

冬休みに主人の実家に息子を連れて行ってそのまま置いていくという作戦を決行しました。

果たして一緒に帰ると言うのか、それとも一人で残りと言うのかお楽しみです。

ちなみに私の予想は一緒に帰って来るです。

2019年12月27日 (金)

クリスマスプレゼント(ママ)

サンタクロースはいないと気づいた息子。クリスマスツリーを飾る元気がない母親。ということで、クリスマスプレゼントは現金になりました。

幼児の頃にアメリカで育った息子はクリスマスツリーの下にサンタクロースがプレゼントを置いていくと思っています。そこで、もしサンタクロースが来てもクリスマスツリーがないからプレゼント置けないねと話したところ、クリスマスイブに息子は紙にクリスマスツリーの絵を書いて壁に貼り付けて寝ました。可哀想なのでその下に封筒に入れたお金を置いておきました。

クリスマスの日に意味もなく、そのクリスマスツリーの絵の下にダンボール箱を置いておいたら、息子がプレゼントだと思って中を見ていました。そして主人も中を見ていました。2人に可哀想なことをしてしまいました。

2019年12月26日 (木)

誕生会(ママ)

いつもは実家で祖父母と一緒に息子の誕生会をやっていたのですが、今年は祖母があまり乗り気ではなかったので、我が家だけで行ないました。

ケーキはスポンジとクリームとイチゴを買ってきて、息子がデコレーションしました。最初はお店のがいいと言っていた息子ですが自分で作ったので美味しく食べていました。

ファミレスのココスで誕生日だと伝えるとケーキとハンドタオルが頂けます。昨年までは息子の大好きなドラえもんだったのですが、今年からはラスカルになっていました。それはそれで喜んでいました。

2019年12月23日 (月)

お餅つきに行った(ママ)

お友達の家のお餅つきに行ってきました。

杵と臼で本格的についてきました。イチゴ大福まで作りました。

息子もいろいろな人と触れ合う事ができていい経験になりました。

2019年12月19日 (木)

羽生さんの言葉(ママ)


ネットで将棋の羽生さんの言葉を知りました。私は息子に人生の大きな目標を言っているから、目の前の事に向き合わないのではないかと反省しました。

以下、羽生さんの言葉です。

2年前に引退なさった加藤一二三先生は現役生活が67年でした。私はそれと比較するとやっと折り返し地点にたどり着いたくらい。その果てしない道の長さを感じることはありますが、あまり考えないようにしているんです。トライアスロンに挑もうとするときに、「これからマラソン40キロメートル、次は自転車100キロメートル」とか言われたら嫌じゃないですか。急にやる気がなくなっちゃいますから。だから、目の前の1キロメートルをがんばろうかな、とか。そういうふうに考えていかないと、ずっと長く続けていくのは難しいです。

わからないままだったからこの世界に飛び込めたという面はあるように思います。谷川浩司九段にあこがれて将棋の世界に入ったのですが、最初に抱いた夢とかあこがれと、実際に入ってからの景色は全然違いました。1段ずつ階段を上がっていかなければいけない険しさとか大変さを、何も知りませんでした。当時はインターネットもなく、どれくらい大変なのか、どんな努力が必要なのか情報がなかったからです。今はいろいろ調べられる時代ですが、競争が大変そうだとか10年くらいかかるらしいなんてことを先に知ってしまうと、前に踏み出せないということはあるのではないかなと思いますね。若い人の強みは、リスクがありそうでも、大胆な選択にみえても、可能性を信じて前に進んでいけることだと思っています。

2019年12月18日 (水)

私のご褒美(ママ)

息子がしばらく父方の祖父母の家に行ってもいいと言って分かった事があります。

息子が不登校になる前は、土日祝日や長期休みは私の実家に泊まったりしていました。癇癪を起こしても、土日に外泊させたり、もう少しで長期休みになるから自由になれると思うだけで頑張る気が出てきたし、外泊後は優しく接する事が出来たりしていたのです。それが不登校になり、平日の昼間に実家に行く代わりに泊まる事はなくなったのです。そして私の自由というご褒美もなくなったのです。平日の昼間は自由じゃないかと思われるかもしれませんが、1日まるまる自由になれると元気も復活するのです。

入院するというのは親と子を離すことによって、その後の関係性が良くなるのも目的ではないかと思いました。

2019年12月15日 (日)

友達と遊べず(ママ)

不登校になった友達と遊ぶ予定でしたが昼寝をしていて遊びに来てもらえませんでした。息子はとても残念がっていました。

でも、そのお友達は最近は調子が良い日は学校に行っているそうです。

どうして再登校できるようになったのか気になります。

息子も登校すればいいのに。適応指導教室は楽しかったのに。と思ってしまいます。

2019年12月11日 (水)

プラモデル(ママ)

プラモデル好きの息子がプラモデル屋さんに行ったら、ちょうど改装セールをやっていました。

喜んで買ってきました。小さいロボットが2体作れるのですが、1体でも結構な時間かかりました。

どんどん作ればいいのですが、お金がかかるのと、置き場が欲しくなるのとで悩みます。

 

 

Amazon

  • Amazon
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ